医院ブログ|入れ歯ならプライベート歯科横濱(横浜)

プライベート歯科横濱 医院ブログ

横浜中区の入れ歯なら高品質な治療のプライベート歯科横濱

残っている歯が少ない方は、特にしっかりした入れ歯を入れてください。

入れ歯を使われている患者さんはさまざまで、大きな入れ歯から小さな部分入れ歯まで、ありとあらゆるケースがあります。

 

その中でも、自分の天然の歯よりも入れ歯のほうが本数が多い場合、あるいは、ほとんど歯が残っていない場合には、自分の歯で食べ物をかむというよりも、入れ歯を中心に考えて、入れ歯をうまく使って行くということが、大きなポイントになります。

 

この場合、残っている歯に合わせて、入れ歯を作っていくよりも、口の中全体のバランスを考えたうえで、残っている歯は、入れ歯を使いやすいように、うまく利用するための歯と考えたほうがいいと思います。

 

決して、残っている歯に大きな負担をかけるのではなく、入れ歯自体が独立して機能するような形で設計して使って行くほうが賢い方法かと思われます。

 

材料面で話しますと、プラスティックよりも金属製の入れ歯の方が、かなり安定感がいいです。入れ歯自体がたわみにくいですし、ほとんど変形しません。

 

プラスティックの入れ歯は修正しやすいという面はありますが、長期間使用していくことを考えますと、かみ合わせのバランスを維持していくことは重要ですので、金属製でしっかりした入れ歯にされるのが得策です。

 

例えば、口の中の右半分がブリッジになっていて、左半分が歯が抜けて入れ歯になる場合、左右で大きな差が生まれてきます。右半分はブリッジですから金属やジルコニアで作られていて、左半分はプラスティックというバランスの悪い状態になります。

 

できるだけ左右差の少ない状態にするには、同じく金属製の入れ歯にすることで、たわみがなく、強度・耐久性に優れ、かみ合わせの安定感も増します。すると、長期的に見て、残っている歯にも余計な負担をかけ過ぎないでいいですし、毎日の使用感も良くなります。

 

大きな入れ歯を入れる患者さんは、最終段階の入れ歯として、ぜひ金属製で作ることをおすすめします。


ホームページを一新しました。

歯科技工士の関戸です。

 

この度、スタッフの入れ替えもあり、新たにホームページを更新いたしました。

院長はじめ私も、経験とともに年齢を重ね、顔写真にもそれなりに変化もあり、またスマートフォンでホームページが見づらいという声もありまして、リニューアルに至りました。

 

入れ歯に特化した歯科医院として、多くの患者さまに質の良い入れ歯を提供していることが、これまでよりもわかりやすく伝わっていたら幸いです。

 

自由診療ということで、二の足を踏まれる方も多いと思いますが、一度、ご相談だけでもいらしてください。保険診療ではできない、自由診療ならではの入れ歯もありますし、治療方法もございます。お待ちしております。

 

 


ホームページとスタッフブログをリニューアルしました

プライベート歯科横濱のホームページとスタッフブログをリニューアルいたしました。

『プライベート歯科横濱』ホームページ
https://www.ireba-yokohama.com

過去の医院ブログはこちらからご覧ください
https://www.ireba-yokohama.com/diaryblog/

どうぞよろしくお願いいたします。