医院ブログ|入れ歯ならプライベート歯科横濱(横浜)

プライベート歯科横濱 医院ブログ

横浜中区の入れ歯なら高品質な治療のプライベート歯科横濱

歯の根にひびが入った

技工士の関戸です。

 

通っている歯科医院で、歯の根っこにひびが入っているので、歯を抜いて入れ歯にするか、あるいはブリッジにするか考えてくださいと言われ、入れ歯にしようかと思われた患者さんから、連絡をいただくことがよくあります。

 

保険診療で一度入れ歯を入れられてもいいと思いますが、うちの医院では、残っている前後の歯にあまり負担のかからないタイプの入れ歯がありますので、それを一度試されるのもおすすめですと答えています。

 

保険診療の1本の入れ歯は、だいたい抜けた歯の前後の歯に、クワガタの角のような形のバネを取り付けたタイプの入れ歯が多いです。これですと、まず見た目がいかにも入れ歯です!という感じになりますので、女性患者さんの多くは嫌がられます。また、前後の歯にきついくらいしっかりととめてしまうので、物を食べるたびに前後の歯は横に動かされてしまいます。つまり、健康な歯が入れ歯にきつく抱きつかれて揺さぶられてしまうのです。

 

これでは健康な歯まで何らかのダメージを受けてしまいます。うちのタイプの入れ歯は、歯に抱きつくのではなく、そっと腰に手をあてるように、歯に少しの力で当てるだけで歯に大きな負担がかからないような入れ歯になっています。なので、使われている患者さんからは、入れていてとても楽です。ほとんど気になりません。とよく言われます。

 

また、歯の根っこにひびが入ったから入れ歯にしたいということで来院されたのですが、実は歯の根っこが割れてなかったというケースもあります。その場合、わざわざ歯を抜かなくてもいいですし、抜いてしまってから当医院に来られるのではなく、本当にひびが入っているのかどうか、どのような状態なのか、もしかしたら救える可能性のある歯であるかもしれませんので、あわてて歯を抜くことなく、まず来院して見せてくださいともお伝えしています。

 

しっかりした診断のもと、正しい処置を受けて、そしてできるだけ良質な入れ歯を選ばれることが一番いいかと思います。

保険診療で一度入れ歯を作られてから、来院された患者さんの場合、保険の入れ歯と自由診療の入れ歯の違いに、驚かれる患者さんも多いですが、入れ歯専門の技工士としましては、はじめて入れ歯を入れるような場合には、そのはじめての体験がのちのちまで深く影響を与えることもあり、非常に大切な期間であると考えられますので、最初から良質な入れ歯を使用される方がスムーズな入れ歯生活が送れるかと思います。

 

入れ歯で苦労をされますと、どうしても苦手意識が先に立ってしまったりします。スムーズな形で慣れられて不満のない生活を送られるのが一番いいかと思います。


入れ歯はスポーツ⁉、それともエクササイズ⁉

技工士の関戸です。

定期的に入れ歯のメンテナンスに来られる患者さんの入れ歯を見させていただいてますと、奥歯で強くかんでいる患者さんの場合、奥歯のすり減りが大きく、追加修正などをしないといけないときがよくあります。

 

奥歯がすり減ってしまうと、上の入れ歯であれ、下の入れ歯であれ、入れ歯は外れやすかったり、落ちやすかったりして、使いにくくなります。痛みが発生することもあります。

 

修正して、かみ合わせを再び元の安定した状態にしますと、患者さんは、「よくなじみます」と言われます。そしてかむ動きも、動きやすそうに戻っています。

もともとしっかりとかんでいる患者さんの場合には、バランスの良い動きでこれまで使われてきてますので、すぐに元に戻ります。

 

「かみ合わせだけでこんなに変わるんですね。」と言われる人も多いですが、入れ歯というのは、その患者さんにいかに合わせて道具を調整するかというのがポイントだと、私は思っています。

例えば、道具を使うスポーツはいろいろあると思うのですが、その道具をより選手に合った使いやすいものに修正して、良いプレーをしてもらうようにする。あるいは、物を食べたり、かんだり、発音したりするのは、運動ですので、入れ歯をうまく使うためのトレーニングをすすめて、入れ歯をうまく扱えるようになってもらうこともあります。

 

運動やスポーツというのは、人それぞれ得意・不得意ありますし、まったく同じ動きの人はこの世に一人もいないと言っていいと思います。入れ歯を使って動かす場合にも、その動きをできるだけスムーズにして、使いやすく動かしやすい道具に仕上げていくというのが、われわれ入れ歯専門の技工士の役割だと考えています。

 

動かしにくそうな入れ歯は、やはり患者さんが使いにくいはずですし、しっかりかんでいない入れ歯だと、最初に申し上げた、外れる・落ちる・痛むなどの症状が出てきたりします。かみ合わせがすり減ったり、ずれたりすることは、長期的に使っていけば、当たり前のことですので、そういう時は、ぜひかみ合わせの調整をしていただいて、また元の入れ歯に戻ってから、しっかりエクササイズを続けていただきたいと思っています。


入れ歯 はじめての患者さん

技工士の関戸です。

 

当院にも、入れ歯ははじめてという患者さんはたくさんいらっしゃいます。

その中でも一番多いのが、長年ブリッジをされていて、そのブリッジがそろそろダメになりそうな時に、『次は入れ歯を考えてください』と歯医者さんに言われて、どうせ入れ歯を入れるのならば、できるだけ良い入れ歯を入れたいということで、来院される患者さんです。

 

保険で作る入れ歯があまり合わないという声をお聞きになっているのか、よく探されてご連絡いただいています。

 

はじめての入れ歯を質の良い入れ歯にするというのは、非常に賢い考え方だと思います。

一番初めに、嫌な思いをされたり、トラウマになるようなことが、入れ歯にとっても非常にデメリットが大きいですから、最初からスムーズな入れ歯生活が送れるようになるためにも、ぜひおすすめします。

 

料金的な問題だけを見れば、保険診療の方が安いですが、必ずしも保険の入れ歯が合っていてメリットが高いとは思えません。必要以上に残っている歯に負担をかけるような設計が多いですし、見た目・審美性の問題や、かみ合わせのテクニックも十分だとは言えません。

 

歯は1年365日、1日3回、毎日、必ず使い続けていくものでもありますから、とても大切なものです。

抜けた部分を補うための入れ歯は、できるだけ良質で安定して使っていけるものがよろしいです。

かむ力というのは、相当なもので、この力に耐えて長年安心して使えるものでないと、次々と歯が抜けていくことにつながります。

今以上に悪くならないためにも、できるだけ最良の入れ歯を検討されることを、入れ歯専門の歯科技工士としましては、おすすめします。


1月18日(いい歯の日)

皆さん、こんにちは。歯科助手の丹羽です。

ご挨拶遅くなりましたが新年あけましておめでとうございます。

本年もプライベート歯科をどうぞよろしくお願い申し上げます。

私も2018年の12月に入社し、早1年が経ちました。

まだまだ未熟者でございますので皆様にご迷惑をおかけするかもしれませんが、

皆様に寄り添った医療サービスをご提供できますように日々精進してまいります。

 

さて本題にはいりますが、本日1月18日は『いい歯の日』

ちなんで『歯周病』についてお話させていただきます。

 

歯周病という言葉はあらゆるところで耳にすることが多いかと

思いますが、実際に歯周病とはどのような病気でどのように口腔内で

影響があるのか明確ではないかと思います。

 

私からは歯周病についてすごく簡単にご説明します!!!

 

1口の臭いが気になる、2歯肉から出血する、3歯肉が腫れる

 

上記3つが大きなポイントになります。

 

特に今回1口の臭いが気なるについてお話します。

 

ご自身が歯周病かどうか判断するポイントとし最もわかりやすい

シーンは電車などの公共機関で人との距離が近くなるときです。

 

電車で隣に座った人の口臭が気にならない場合は、歯周病である可能性があります。

ご自身が歯周病の場合、周囲の方が歯周病であると同じ歯周病の臭いは気になりません。

 

実際に私自身入社当初は歯周病であり1年間歯のケアを念入りに行い続けて歯周病が改善され、

電車などで隣の方の歯周病の臭いがわかるようになりました。

 

もちろん、胃が悪い方など、口臭にも様々な種類と原因がありますので

どの臭いが歯周病なのか判断が難しいかと思います。

 

口臭が気になることと合わせて、歯みがきの際に出血する。出血するところが腫れるなどの場合

歯周病である可能性が大きくなります。

 

当院では歯のメンテナンスも行っておりますし歯周病対策のお話など大学院にて

人体解剖および組織学を学ばれた院長が徹底的に基礎医学に基づいてお話をさせて頂きます。

 

ひょっとして歯周病かも、歯周病かどうか気になる、歯周病についてもっと詳しく知りたい

といったご相談も当院は承っておりますのでお気軽にお問い合わせください(^^)/


入れ歯を作りかえる。作り直すときの注意点

新年 明けまして おめでとうございます。

 

新しい年を迎えて、今年新たに何かに取り組もうと考えられている方も多いと思います。

将来的なことも考えて歯をきちんと治療しよう、入れ歯を作り直そうという方もいるかもしれません。

これまで使い慣れてきた入れ歯を新調する際に、いくつか注意点がありますので、入れ歯専門の技工士としてご紹介させていただきます。

 

1点目は、入れ歯に限らない問題です。例えば、新しい自転車や新しい靴を購入しますと、乗り慣れるまでにしばらく時間がかかりますし、歩き慣れるのにも多少時間がかかります。

入れ歯も同じで、2つとして同じ入れ歯は存在しませんので、2週間~1カ月は使い慣れるまでの期間が必要になります。この期間に大きなイベントがある場合には、新しい入れ歯を作るのは、もう少し先にされたほうがいいかと思います。つまり、ある程度の期間を準備していただいてから、新しい入れ歯に取り組むというのが理想的です。

 

2点目は、2つとして同じ入れ歯はないと書きましたように、まったく瓜二つの入れ歯はなく、使い慣れた以前の入れ歯とまったく同じような気持ちでいられますと、いつまでも慣れないということがございます。

新しい入れ歯は、以前の入れ歯とは異なるものでありますので、新たに新しい入れ歯に対応して行こうというお気持ちで取り組んでいただいたほうがいいかと思います。

長年使ってきて馴染んでいる感覚をそっくりそのままコピーすることは簡単なことではありません。また新しい入れ歯とうまく付き合っていくという感覚でいてください。

 

新しい入れ歯には、いくつかのメリットがあるはずです。まずは、材質的に新品の材料で仕上げますから、衛生的には非常に良いです。歯も白く光っているでしょう。特に、奥歯に関してましては、長年使ってきてすり減っていたかみ合わせの部分が、しっかりとかめる感覚に戻って、咀嚼効率がアップしているはずです。すり減った分のかみ合わせの高さも元に戻り、口元の印象も良くなっているかと予想します。

 

入れ歯は、プラスティックで作られている部分が多く、この部分は、実は小さな穴ぼこだらけです。そこに、食べ物がつまったり、飲み物・食べ物の汁がしみ込んだりします。タバコのヤニやワインなどで着色もします。

毎日、超音波の洗浄器や入れ歯洗浄剤できれいに管理されていたらそれほど問題はないですが、長期的に見ればどうしてもプラスティック部分は時間とともに劣化して行きます。定期的に入れ歯を作り直すことは、健康面でも、衛生面でも大切なことです。

 

たまに、20年も入れ歯を使っているということを自慢される患者さんや歯科医師もいますが、世の中のどの商品を見ても、20年前とまったく変わらないままの状態で20年後も使えているようなものは、おそらくかなり少ないですし、機能面が落ちている可能性が高いと考えられます。

 

食べることは、一番大切であると言っても過言ではないかと思います。1日3食、365日、毎日食べていくわけですから、できるだけ良い状態の入れ歯で過ごしていただきたいです。

とにかく作り直すのがいいとは決して言えません。作り直したほうが良くない入れ歯だったということもあるでしょう。できるだけ良い入れ歯を選んで、快適な食生活を送っていただくのが一番ですから、いろいろな入れ歯を探して自分に合った入れ歯をぜひ見つけてください。