インプラントか、ブリッジか、それとも入れ歯か。

プライベート歯科横濱 医院ブログ

横浜中区の入れ歯なら高品質な治療のプライベート歯科横濱

インプラントか、ブリッジか、それとも入れ歯か。

技工士の関戸です。

 

インプラントは、あごの骨に芯となる棒をねじ込みますし、ブリッジは、前後の歯をかなり削り落として、かぶせるので、どうしても危険なリスクもありますし、やってしまった後に、元に戻してくださいと言っても、もう元には戻せません。

 

しかしながら、入れ歯は、今現在の口のままで、型だけとって作り、使うことができます。そして、もし使ってみてどうしてもよろしくないということでありましたら、入れ歯をはずして使わなかったらいいだけです。歯を削るわけでもなく、手術のようなことをすることもなく、非常に単純でシンプルな治療方法です。つまり、もとに戻すことができる唯一の方法でもあります。

 

そうして、入れ歯がどうしてもダメだなと思った後から、ブリッジやインプラントを考えてもいいかと思います。

 

ただし、1点だけ注意点があります。保険診療でも自由診療でも入れ歯を作る場合、多くの歯科医師は、前後の歯を削ります。入れ歯を止めるための処置として歯を削るのですが、健康な歯をわざわざ削らなくても作れる入れ歯が実はあります。入れ歯を専門的に扱っていて技術の高い医院であったり、当院も歯をまったく削らずに入れ歯を作れます。

 

また、大きな症例、つまり、歯がたくさん抜けている人の場合には、インプラントもブリッジも複雑になり難しくなるはずです。入れ歯も簡単ではないですが、入れ歯は全体的に調整や修正をすることができる点がいいところです。しかも何回も作り直すこともできます。

 

ブリッジやインプラントは先ほども書きましたように、やり直しができません。数年後、もし他の所の歯が抜けたりした場合には、どうなるでしょうか。その抜け方にもよりますが、入れ歯の場合には、歯を追加することもできますし、新しく作り直すこともできます。ところが、ブリッジやインプラントは追加したり、作り直したりはできないと考えていいかと思います。つまり、また別の治療となってしまいます。

 

すると、以前のブリッジやインプラントと、新しく作るブリッジやインプラントとが、口の中で本当に全体的にバランスよくなっているのか、理想的なのかは、疑問になります。

 

将来的にどこが抜けるかはっきりわかっていれば、口の中全体でバランスを考えながら、一番初めの治療も的確にできると思いますが、現実はどこが抜けるかわからないのが当たり前ですから、一番初めの治療の影響を少なからず受けることは予想されます。

 

いろいろな箇所で何回もインプラントやブリッジをやった後というのは、果たしてどんな口の中になっているのか、想像ができないと思います。当医院に来院される患者さんの口の中を見させていただいても、もう少し全体的なバランスを考えたうえで作れなかったものかなというお口の状態の方は多々いらっしゃいます。

 

それならば臨機応変に作り直せる入れ歯に、かなりメリットはあるかと考えます。そういうさまざまな面で考えましても、入れ歯は非常に安全で安心できるものだと言えます。

 

 

 

関連する記事

  • 1月18日(いい歯の日)2020年1月18日 1月18日(いい歯の日) 皆さん、こんにちは。歯科助手の丹羽です。 ご挨拶遅くなりましたが新年あけましておめでとうございます。 本年もプライベ […]
  • つけ心地のいい入れ歯2021年11月30日 つけ心地のいい入れ歯 技工士の関戸です。   だいたいほとんどの方は、肌着やパンツなどは1日着ていられると思います。靴下やメガネ […]
  • 歯を抜きたくないという思いは、皆さん一緒。2021年3月2日 歯を抜きたくないという思いは、皆さん一緒。 技工士の関戸です。   歯がグラグラで、他の医院でも歯を抜いたほうがいいと言われていても、自分の歯だから名 […]