入れ歯が低くなると、前歯がダメになってしまう

プライベート歯科横濱 医院ブログ

横浜中区の入れ歯なら高品質な治療のプライベート歯科横濱

入れ歯が低くなると、前歯がダメになってしまう

ご自身の天然の歯が少なくて、大きめの入れ歯を入れられている患者さんの場合、入れ歯のかみ合わせの部分が削れて、かみ合わせの高さが低くなってしまっていることが多々あります。

 

そのままにしておくと、奥歯がすり減った分だけ前歯に強く当たってきますので、前歯に何らかの影響が起こってくると予想されます。

 

奥歯は上下の力でかんでいますので強いのですが、前歯は上下の力だけではなく、外側に向けた横の力も加わりますので、何百回何千回とかむたびに、外側へ力が加えられますと、動かされることにもつながります。

 

歯はもともと上下の力には強く、横の力には弱いです。

 

なので、奥歯がすり減って、なんとなく以前よりも前歯に力が加わっているなあと思われた際には、ぜひ歯医者に行ってみてください。

 

当医院では、技工士がいますので、その場で「挙上(きょじょう)」と言いまして、すり減った奥歯に材料を追加して、かみ合わせを上げてから、細かい調整を行います。すると、前歯に当たる負担が減りますので、心配がなくなり、しかも多くの患者さんは、なんだか挙上したほうがかみやすくなったと言われます。

 

徐々にすり減って行きますので、ご本人は実感がない場合が多いのですが、元のかみ合わせの高さに戻った瞬間、いい感じに改善したということだと思います。

 

皆さんも、最近前歯によく当たっているなと思われたら、ぜひ調整に行ってみてください。

 

関連する記事

  • ビールがおいしい入れ歯2022年8月1日 ビールがおいしい入れ歯 技工士の関戸です。   先日、入れ歯のかみ合わせの調整をしている患者さんから、「ビールがうまくなったね。」 […]
  • コロナの時期の入れ歯の修理2020年7月13日 コロナの時期の入れ歯の修理 技工士の関戸です。   先日、遠方の患者さんから、入れ歯の修理の依頼がありました。 幸い、大変な修理 […]
  • 歯の根がダメになった時2020年8月7日 歯の根がダメになった時 技工士の関戸です。   近くの歯医者さんで、この歯はもう根がダメになっているから抜かなくてはいけません。そ […]