歯のこと、入れ歯のことを、将来を見越して考えられている患者さん

プライベート歯科横濱 医院ブログ

横浜中区の入れ歯なら高品質な治療のプライベート歯科横濱

歯のこと、入れ歯のことを、将来を見越して考えられている患者さん

技工士の関戸です。

 

コロナ下でありながらも、年明けから、新しい患者さんからの連絡や来院が増えております。

 

ある患者さんは、コロナにかかったり、あるいは入院するような病気になったとき、問題なく安定して入れ歯が使えるようになるために、来院しましたと話されたり、またある患者さんは、コロナなどで長期的に入院するような時でも歯が痛むなどの症状が出ないように、今の段階で治せる歯はきちんと治したいと言われました。

 

皆さんが、この不測の事態でいろいろ考えられていて、将来的に問題なく過ごせるように、歯や入れ歯の治療に取り組まれているんだと思いました。

 

ですから、予約の時間もきっちり守られて、まじめに真剣に治療に通われる患者さんが多いと感じています。

 

健康的に食べるということは最も大切だと言えますし、社会的な意味で歯がきれいなことも大切です。

この2つが一番患者さんが求められることが多いので、その点を十分に踏まえながら、患者さんの言葉を聞き逃さないで、今年も、できるだけ最善の入れ歯を作っていくことを心がけたいと思っています。

 

関連する記事

  • インプラントのデメリット2021年7月13日 インプラントのデメリット 誰かの口の中のアゴの骨に、1本のインプラントの支柱を打ち込むとして、さて、どの方向に打ち込むのが正しいか?と聞かれたら、その答え […]
  • 入れ歯 はじめての患者さん2020年1月21日 入れ歯 はじめての患者さん 技工士の関戸です。   当院にも、入れ歯ははじめてという患者さんはたくさんいらっしゃいます。 その中 […]
  • 奥歯が抜けたままですが、大丈夫でしょうか。2019年12月10日 奥歯が抜けたままですが、大丈夫でしょうか。 入れ歯専門技工士の関戸です。   奥歯が1~2本抜けたままなのですが、このままで問題ないでしょうか。という […]