はじめて入れ歯をする人-入れ歯ならプライベート歯科横濱(横浜)|20年以上の実績(自由診療)

045-663-3724

診療時間 : 月火木金土曜 9:30~18:30 休診日 : 水曜、日曜(隔週)
※土曜(隔週)9:30~17:00 / 日曜(隔週)9:30~12:30

045-663-3724

診療時間 : 月火木金土曜 9:30~18:30 休診日 : 水曜、日曜(隔週)
※土曜(隔週)9:30~17:00 / 日曜(隔週)9:30~12:30

はじめて入れ歯をする人

はじめて入れ歯をする人

入れ歯に対するイメージは人それぞれ違いますので、はじめて入れ歯をする人も十人十色の考えでいらっしゃるかと思います。誰でも新しく何かをするというのは不安もありますが、ここは、“案ずるより産むがやすし”という気持ちでやっていただくのが一番いいかと思います。

といいますのも、入れ歯の場合にだけ、やってみてダメならダメで別の方法を考えることができるからです。入れ歯以外の他の治療方法は、一度やってしまったら、元の状態に戻すことは難しいのです。ダメもとでできるという意味において、入れ歯は非常に安心できる治療方法です。

ただし、入れ歯にするからと言って、先に歯を抜いてしまったらダメです。ここは注意してください。抜くのは入れ歯を作ったあとでも大丈夫ですので、抜かずに入れ歯を入れてみてください。(これは保険診療ではできないかもしれません)

はじめて入れ歯を入れる場合、やはり入れ歯の異物感が一番気になることだと思います。この異物感だけは、入れ歯の最も難点なのです。入れ歯は歯ぐきの上に歯を置かないといけないので、その土台になる床の部分が必要なのです。

人工の歯を固定するための土台であり、食べ物をかむ力に耐えるための土台であります。この土台の面積が細すぎると歯ぐきが痛くなったりしますし、かむ力に対して安定しなくなります。どうしてもある程度の幅の土台が必要になってきます。

この土台(床)の異物感にどこまで慣れられるのか?というのが、患者さんにとっては大きな課題であり、土台をどこまで小さく細くできるか?というのが私たち作る側の大きな課題であります。

これまでの経験から申しますと、異物感は上か下かのどちらか一方が強いという場合が多いです。上も下も異物感が大きいという人や上下どちらもほとんど感じないという人は少ないです。これは実際作って試してみる以外に確認する方法はないのですが、入れ歯を入れて異物感が少なければ、ラッキーだと思います。

いずれにしましても、新たなものにチャレンジするぞという意気込みで取り組まれたら、少々時間はかかってもスムーズにすすみやすいのではないかと思います。

はじめての入れ歯作りのために