ディアレスト
薄く、軽く、見た目がよい

金属床部
チタン合金:0.35ミリメートル。この薄さが最高のフィット感と舌触りをうみ、さらにカチッと止まることで安定性があります。またチタン合金独特のしなりがあるため、物を食べる時に硬すぎず柔らかすぎない、ちょうどよい自然な感覚が得られます。

人工歯部
●前歯
より天然の歯に近く立体感のあるリアルな歯であるため、特別な人工歯を使用。患者さんのお顔や、口元にあった色や形を選び出し、患者さんのお好みを第一にして最適な人工の歯を並べます。
●奥歯
しっかりと物をつかみ安定性が得られる歯を使用します。

樹脂部
●ベルテックスレジン
保険で製作される通常の樹脂(2.5ミリから3ミリ)に比べると、最薄部1ミリメートルと画期的な薄さです。ベルテックスレジンは、日本製の物に比べ粒子が非常に細かいため、薄くても硬く加工でき、そして食物のニオイや着色も比較的吸着しにくい材質です。

ディアレストと保険の入れ歯の比較
保険義歯とディアレスト

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております

サイト内検索