歯の型取りも技工士がチェック-入れ歯ならプライベート歯科横濱(横浜)|20年以上の実績

045-663-3724

診療時間 : 月火木金土曜 9:30~18:30 / 日曜(隔週) 9:30~13:00
 休診日 : 水曜、日曜(隔週)

045-663-3724

診療時間 : 月火木金土曜 9:30~18:30 / 日曜(隔週) 9:30~13:00
 休診日 : 水曜、日曜(隔週)

歯の型取りも技工士がチェック

型取りから技工士が患者さんに寄り添います

普通の歯科医院は技工士が常駐していないので、歯科医師が型取りした型を、直接の作り手である技工士がチェックできない、つまり歯科医師の判断のみで型が決まってしまいます。

どんなものを作るうえでも歯の型が一番大切ですが、その型が実際の作り手ではない歯科医師のさじ加減で決められてしまいます。これは、技工士の頭を悩ませる最も多い一番の難題です。

また、技工士が常駐している歯科医院であっても、歯科医師の型が悪くても、雇われている技工士は「型が悪いから取り直してほしい」とは言えません。結果、あまり良くない補綴物(セット物)になってしまいます。

当医院では、その判断を技工士に任せる体制です。つまり、作り手の技工士がダメ出しできるのです。この一番最初の型の問題だけでも、他の医院さんにはない体制です。だから患者さんひとり一人に合ったよい物が作れるのです。

また、歯科医師が型取りした歯型を、多くの医院ではすぐに石膏を流して型を作りません。しばらく時間をおいたり、放置したままの医院も多いです。すると、型はどんどん変形していきます。

さらに、普通は歯科技工士は常駐していないので、歯科衛生士か歯科助手が型に石膏を流します。当医院では、技工士が直接流します。最善の型になるように、歯科医師から型をもらい、丁寧に正確に一番よい状態で石膏を流して型を作ります。手間・集中力すべて使って扱います。患者さんに「噛める喜び」を感じていただきたい気持ちで徹底的にこだわって入れ歯を作っているのです。