研究者が考えた新しい入れ歯治療

院長は、広島大学歯学部大学院で、歯科医療に関わる分子生物学の研究に携わっていました。大学院での学びは今も院長の診療の基礎を支えています。例えば患者さんが入れ歯に満足できない理由は至るところにあり、しかも一人ひとり異なります。あらゆる条件を細かく見いだし、しかるべき対応をするために今までの研究が役に立っているのです。

さらに院長は補綴科出身の歯科医師ではありませんので、従来の入れ歯の専門家とは違う視点で入れ歯治療をとらえてきました。研究者として物事を科学的に見極める目に、患者さん一人ひとりの背景や思いをくみ取るドクターの視点を加えながら、多角的に検討した上で、新しい部分入れ歯やオリジナルな入れ歯治療方法を生み出してきました。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております

サイト内検索