目次一覧へ●手前の小臼歯という歯(4・5番目の歯)
 上の小臼歯と同じく、入れ歯としては作りやすい入れ歯になりますので、かみ合わせなどもしっかりと合わせて作れば、非常に安定した入れ歯になるかと思います。長い目で見ると、その奥にある奥歯が弱れば非常に大変な状況になりますので、1本抜けただけの状態でずっと維持できるように、前後の歯を毎日きれいに歯磨きされることをおすすめします。さらにもう1本奥の歯を失った際には、2本の入れ歯になりますので、かむ力が入れ歯になるとどうしても減少しますから、そうならないように気をつけてください。
 この小臼歯の位置の入れ歯は異物感も非常に少なく作ることも可能ですから、入れ歯を入れていても、付けているのを忘れてしまうくらい快適になるかもしれません。食べ物を思い切りかむのは健康な奥の歯にまかせることができるので、いろいろな面で入れ歯になっても不都合なことが少ない症例であると思います。   

●奥の大臼歯という歯(6・7番目の歯)
 上の奥歯と同様に、この歯を失ったのは、かむ力の面では非常に悲しいことではありますが、しっかりと安定した入れ歯を作れば、ほとんどの食べ物でも食べられるくらい、快適な入れ歯にすることも可能です。かみ合わせの調整が最も大切になると思いますが、丁寧に何度も行っていけば、絶妙なバランスのかみ合わせになり、入れ歯でも快適に過ごせるかと思います。
 奥にもう1本歯がある場合には、かなりしっかりとした良い入れ歯が作れるかと思います。クラスプというバネのような引っかけをつけるのが普通の方法ですが、これだと繊維の物がひっかかるし、若干異物感も大きいので、このバネのような引っかけをつけないで入れ歯をつくる方法もあります。
 そして問題は奥に歯がない場合です。上の場合と違って落ちてはこないのですが、かむたびに入れ歯が上下左右に動揺する可能性の高い入れ歯になります。きちんと計算されたうえで入れ歯を製作しないと、失敗する可能性もある入れ歯です。もし良くない入れ歯を使えば、さらに前にある奥歯も失ってしまう原因を作る可能性もありますから、非常に綿密に考えて入れ歯をつくらないといけない症例と言えます。



◀前ページ l 次ページ▶
「 上の奥歯の部分に、1本の入れ歯 」  「 抜けた2本が離れている症例 」  

具体的な入れ歯の説明


さまざまな入れ歯の悩み


知って得する入れ歯の悩み

歯科医院の選び方

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております

サイト内検索