目次一覧へ
 入れ歯を作って入れたときにすぐに痛い場合には、どこかが当たっていると考えられます。
 どこが当たっているかをチェックする材料もありますので、それで強く当たっている部分だけを削除してもらってください。他の正しい部分まで削ってしまっては、入れ歯が台無しになってしまいますので、不要な部分だけを極力削ってもらってください。
 これでほとんど痛みはなくなるか、かなり弱まるかと思います。

 また保険の入れ歯の場合には、金属のバネのようなものがいくつかついていて、これが歯を強く抱きすぎているために歯が動かされて痛い場合があります。
 このような場合には、歯を抱いている引っかけをゆるめるか、引っかけの内側を削ってもらい、痛くなくなるように調整しないといけません。あまりにも痛すぎるとか、はずれないくらいにかたい場合には、その引っかけ自体に問題があるかと思いますので、作り替えるのが普通だと思います。
 ドクターは嫌がるかもしれませんが、痛い入れ歯は使えませんから、良心的にやり直すのが当たり前だと思います。

 基本的に、きちんと型どりされて作られた入れ歯は、余程のことがないかぎり、口の中にぴったりと入るはずです。ですから入れただけで痛い入れ歯というのは、本来はほとんんどあり得ないと考えていいと思います。
 おそらくドクターか技工士がいいかげんな仕事をしている可能性は高いです。



◀前ページ l 次ページ▶「痛くても入れ歯を我慢する人」 「ぶよぶよのコンニャクのような歯ぐきの人」

具体的な入れ歯の説明


さまざまな入れ歯の悩み


知って得する入れ歯の悩み

歯科医院の選び方

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております

サイト内検索