目次一覧へ
 奥歯が1本~2本歯が抜けた状態である患者さんから、たまに相談のお電話をいただきます。
 口の中全体に渡る入れ歯だといやなので、抜けている部分だけの小さな入れ歯が作れるかというご質問です。

 当然、残っている歯の状態に寄りますが、一部分だけの小さな入れ歯を作ることが可能です。はじめはやはりプラスチックの入れ歯で異物感や着け心地を試していただいて、食べ物もしっかりと食べられるか確認してもらったうえで、最終的には薄くて安定している金属の部分入れ歯をおすすめします。
 金属にすると、入れ歯ではなく、つながったブリッジのような感覚に近くなると思います。ほとんど異物感もなくしっかりと使えますので、入れ歯を入れていることもすぐに忘れるかと思います。

 ただし、片側だけの入れ歯が作れるのは、抜けている部分の前後の歯が健康であることが大前提になります。抜けた部分というのは、歯が悪くなって抜けたわけでしょうから、前後の歯も完全に健康であるかどうかはきちんと確認しなくてはなりません。
 健康でないのに部分入れ歯を作って、早く歯がダメになるような結果になれば大変です。
 その場合には、もう少し入れ歯の土台(床)部分を長く伸ばして、その他の歯で入れ歯を支えなくてはいけません。そうすると少し弱っている前後の歯でも早く悪くなることは少ないかと思います。

 口の中全体に渡る入れ歯よりも、一部分の入れ歯の方が、それはもう確実に快適ではあります。ですからできるだけ一部分の入れ歯で済むほうがいいと思います。
 前後の歯を守るためにも、抜けたら早めに次の入れ歯作りに入ったほうがいいかと思います。1ヵ月以上も1~2本歯のない状態で生活すると、前後の歯にかなり負担がかかります。つまり悪くなる可能性が高まります。
 抜いた部分の歯ぐきには柔らかい材料でやさしくケアしながら、入れ歯は早めに装着して、かみ合わせも含めてバランスを維持していくのが最適であると思われます。



◀前ページ l 次ページ▶「嘔吐(おうと)反射の強い患者さん」 「左右2つの入れ歯にするか、
左右がつながった1つの入れ歯にするか」

具体的な入れ歯の説明


さまざまな入れ歯の悩み


知って得する入れ歯の悩み

歯科医院の選び方

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております

サイト内検索