目次一覧へ
 入れ歯の見た目が悪いので、もう少し見た目のいい入れ歯にしてほしいという注文はよくいただきます。
 残っている歯の状態でどうしてもうまく並べられない場合を除いては、何度も並べ直して、確認しながら歯を並べていけば、きっとその患者さんにぴったりな歯並びの入れ歯にはなります。
 ただ、そのような医院のサービス体制と、時間をかけて何度も確認するという考え方を持っているドクターは非常に少ないので、より専門的に入れ歯を扱っている医院で、しかも技工士が直接やってくれるような所でないと現実にはなかなか微妙な調整はできないと思います。
 技工士と同じレベルで歯の歯並びができるドクターならばいいですが、そのようなドクターがどこにいるのか私は知りません。基本的には入れ歯を最後まで作る技工士が直接並べて完成するのが理想であると考えます。

 入れ歯の見た目の問題を解決するというのは、実はそれほど難しいことではありません。我々にとっては、見た目を良くするのは楽しい作業ですし、比較的簡単なのです。
 それよりも痛い・かめない・異物感が嫌だという苦情の方がむしろ難しい課題なのです。ですから見た目の問題は、技工士さえいればかなり簡単に改善されるものだとお考えください。普通の歯医者の場合には、歯並びを変えてほしいなんて言うとドクターは嫌がるものです。自分で簡単にはできないですから面倒くさいのです。
 できないことではないのですが、保険では認められないことですし、たとえ自由診療で作っても外注の技工士に頼まないといけなくなったりして、ややこしいのです。
 これは以前と異なり、歯医者に歯科技工士がいなくなった現在の大きな特徴でもあります。

 さらに言いますと、入れ歯だけではなく、差し歯もあまり見た目がいいとは言えない差し歯が多いと思われます。
 これは、差し歯作りの際に歯科技工士がいない場合が多いのと、最終的な差し歯を入れる前の仮の歯の段階で、形や色まで考えながら作られていないというのが原因ではないかと想像しています。

 入れ歯も差し歯も、作り手の歯科技工士が必ず立ち会って直接見ながら、顔全体のイメージもとらえて、形や色を工夫して作っていかなくては、患者さんが満足するものはできないと思います。
 ファッションやヘアスタイルなどに非常に敏感な感覚を持っている現在の患者さんは、歯の見た目にも非常に高いレベルのこだわりをお持ちです。
 その要望に応えるためには、私たち歯科関係者はこれまでとは違った新しいサービスの提供方法もこれから考えていかなくてはならないかと思います。



◀前ページ l 次ページ▶「前歯が数本抜けていても、平気な人」 「歯が抜けたままの人」

具体的な入れ歯の説明


さまざまな入れ歯の悩み


知って得する入れ歯の悩み

歯科医院の選び方

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております

サイト内検索