目次一覧へ
 前歯が数本抜けたままになっている人や、奥歯もほとんど歯がないので発音しても聞き取りにくいような人を街でたまに見かけることがあります。
 入れ歯専門の技工士としては非常に残念な状態で思わず入れ歯を作ってあげたいなあと思ってしまいます。

 これまでに何度か入れ歯を試されて入れ歯がダメだった人かもしれませんし、歯医者が怖くて一度も行ったことが人なのかもしれません。
 たとえ過去に入れ歯ダメだったとしても、今では新しいタイプの入れ歯もどんどんできていますし、おすすめはしませんがインプラントという方法もないではありません。
 また前歯だけでも見た目を回復するためにブリッジにすれば発音する時に空気がもれないのでうまく話せるようになるかもしれません。

 歯が抜けたままの状態では何が良くないのかについて言いますと、抜けた歯の両隣りの歯や他の歯に大きな負担をかけることになるので、その分他の歯が弱りやすいというのがまず考えられます。
 すると次から次へとドミノ倒しのように歯が弱って何度も抜かなくてはいけなくなります。そして、最終的には総入れ歯になってしまいます。
 総入れ歯でも充分食べられている人はたくさんいますが、やはり自分の歯で食べるというのが一番おいしいと思います。歯が抜けたままの状態というのは、バランスが大きく崩れていますので、さまざまな所に影響が出ないとも言えません。
 大きな奥歯が数本抜けたままの状態ではやはり力が入らないでしょうし、片側が大きく抜けたときの反対側の歯には相当な負担が加わります。
 片側だけでかみ続けていくというのは、どう考えても良い状態とは言えません。何らかの方法で左右、全体のバランスを保てるような処置をしていくべきだと考えます。



◀前ページ l 次ページ▶「入れ歯の見た目が悪い」 「入れ歯がゆがんでいる人」

具体的な入れ歯の説明


さまざまな入れ歯の悩み


知って得する入れ歯の悩み

歯科医院の選び方

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております

サイト内検索