目次一覧へ
 長年使用している入れ歯は、いろいろな食べ物を食べてこられて、小さなキズがたくさんついていますし、洗い続けてきたことで、入れ歯の表面がガサガサしてたり、色が少しくすんで見えるようになります。
 これは、汚れが付いているわけではなく、入れ歯の材料のプラスチックの表面のきれいな研磨面がなくなってしまい、地肌が見えているような状態です。入れ歯を作る時に最終研磨といって、入れ歯をピカピカに仕上げる作業があるのですが、ちょうどその研磨をする前の入れ歯の状態に近いと思います。

 入れ歯に使っているプラスチックはもともとピカピカ光っているわけではありません。歯科技工士がいくつかの段階で研磨作業を行って、光らせています。きれいに研磨された入れ歯は、見た目にもきれいですし、汚れも付きにくく、臭いも付きにくく、衛生的にもいいです。

 また、ピカピカの入れ歯にするには、ドクターではなかなか大変だと思いますので、歯科技工士のいる医院にて歯科技工士に頼んで、再度入れ歯の最終研磨を行えば、元通りのきれいな入れ歯に戻ります。
 表面がくすんでしまうほどの入れ歯というのは、相当長い期間使われているかと思いますので、歯科医院に定期的な検査に行く時たびに、ドクターに言って小まめに磨いてもらうようにするほうがいいかと思います。
 表面がガサガサとすくんでいる状態は、食べ物や飲み物が付着しやすく、着色もしやすいです。
 また臭いもかなりするのではないかと思いますので、衛生面やいろいろな面を考えてみましても、きれいな表面を常に維持できるように研磨してもらってください。



◀前ページ l 次ページ▶「歯石がついた入れ歯」 「汚れた入れ歯をきれいにするには」

具体的な入れ歯の説明


さまざまな入れ歯の悩み


知って得する入れ歯の悩み

歯科医院の選び方

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております

サイト内検索