目次一覧へ
 食べ物や飲み物で着色したり汚れた入れ歯は、どのようにきれいにするのが一番いいのか、非常によく聞く質問です。

 まずは食事のあと、歯ブラシできれいに水洗いするというのが基本だと思います。
 この洗浄で入れ歯をきれいにできる人は、これだけで充分だと思います。他にお金を使って、きれいにする必要はないと言えます。それでも汚れが少し残るような場合には、市販の入れ歯洗浄剤に浸けるとか、超音波洗浄器で洗浄するという方法がさらにございます。

 その患者さんが日頃やりやすい洗浄の仕方で行うのがいいですし、毎日続けられる方法が一番適していると思います。入れ歯の汚れは、使う患者さんによって違いますので、ご自身に合った方法を見つけて洗浄していただければいいかと思います。

 例えば赤ワインをよく飲まれる患者さんやカレーなどの香辛料の入った食事を好まれる患者さんの入れ歯は、やはり赤ワインの薄い色で全体的に着色していますし、カレーの黄色で着色されている入れ歯もたまに見ます。
 食べ物・飲み物からの着色、食べカスなどの汚れ・歯石は、家庭では洗浄するのは無理かもしれません。そこまで汚れてしまったら、専門の歯科技工士が全体的に一度表面を削り落としてから再び最終研磨という作業で磨かないと最初のきれいな入れ歯に戻りません。

 家庭でもできる便利で簡単な洗浄方法は、少し力の強い超音波洗浄器にて、中性洗剤を使って入れ歯を洗浄することです。超音波によって表面の汚れを浮かせて、その後に歯ブラシできれいに水洗いをしてください。
 赤ワインを飲んだり、カレーを食べたあとに、できるだけ早く超音波洗浄機にかけると、着色した汚れも出てくるかと思います。それでも中性洗剤で落ちなければ、入れ歯洗浄剤を使って超音波洗浄器にかけるともっときれいに落ちるかもしれません。
 機械の費用はかかりますが、入れ歯以外にメガネやネックレスなどの貴金属も洗浄できますので、一家に一台あってもいいかと思います。しっかりしたメーカーの超音波洗浄であれば、それこそ一生使えるものだと思います。



◀前ページ l 次ページ▶「表面がくすんでいる入れ歯」 「ポリデントを使ってもいいか」

具体的な入れ歯の説明


さまざまな入れ歯の悩み


知って得する入れ歯の悩み

歯科医院の選び方

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております

サイト内検索