目次一覧へ
 部分入れ歯と総入れ歯の大きな違いは、歯が残っているか残っていないかということで、部分入れ歯は残っている歯に負担をかけている入れ歯であり、総入れ歯は歯ぐきにくっつけているだけの入れ歯であると言えます。

 患者さんの中には、残っている歯が少ない場合に、全部抜いてから総入れ歯にしたほうがいいと思い込んでいる方もいます。しかしこれは基本的には間違いであると言えます。残っている歯が比較的健康でしっかりしていれば、やはりその歯で入れ歯を安定させたほうが、食べる時も日常も入れ歯としての機能性は高まります。

 総入れ歯ならばある程度プラスチックの土台の部分も大きくなり異物感が増えますが、部分入れ歯ならば入れ歯を薄く小さくして異物感を減らせることも可能になります。ぜひ残っている歯を大切にして、まずは部分入れ歯に挑戦してみてください。

 総入れ歯の患者さんは、歯が残っていないので、歯ぐきでしっかり物を食べるようにしなければなりません。そのため入れ歯だけでなく、歯ぐきも歯ブラシでしっかり磨いてください。歯ぐきに刺激を与えて弱い歯ぐきにならないように、快適に入れ歯で食べられるような日々を継続していくためにも歯ぐきを鍛えてもらいたいのです。

 総入れ歯だから何もしないでいいのではなく、引き締まった歯ぐきになると固い食べ物もしっかりかめますので、強い歯ぐきを作っていってほしいのです。

 引き締まった歯ぐきで入れ歯を作ると、まず入れ歯の型どりが非常にきれいな型になります。ぶよぶよの歯ぐきでは良い型はとれません。ぴったりとした入れ歯には、引き締まった歯ぐきが必要で、その歯ぐきにぴったり合った入れ歯は、入れ歯で何でも食べられるくらいしっかりした入れ歯になるのです。

 グラグラの歯をいつまでも残していた人よりも思い切って早めに歯を抜いて、総入れ歯で健康な歯ぐきを保っている人の方が入れ歯で何でも食べられているという傾向もございます。歯を抜くことは皆さん嫌なことですが、その後の食生活や口全体のことを考えると、あるいは早めの総入れ歯の方が結果がいいかもしれません。



◀前ページ l 次ページ▶「入れ歯に使う人工の歯は何でできているか」 「金属入れ歯とプラスティック入れ歯の違い」

具体的な入れ歯の説明


さまざまな入れ歯の悩み


知って得する入れ歯の悩み

歯科医院の選び方

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております

サイト内検索