むし歯はミュータンス菌が出す酸により歯が溶かされる現象をいいます。じわじわ溶けていく場合は比較的痛みがなく、痛みが出る場合は急激に進行しているケースが多いです。

前期CO
初期のものはチョコレートや果汁などの甘いものが少ししみるといった症状が先行しますが、この時点ではほとんどの人が気付かない場合が多いです。

初期C1
冷たいものがしみるようになります。しかし徐々に慣れてくるケースも多いです。この段階で治療をしたいものです。

中期C2
冷たいものに加えて、熱いものもしみるようになります。ここまでの状況になると、歯の中にある神経をとる治療になります。

後期C3
痛みはなくなりますが、歯はどんどん崩壊してきます。根だけでも残せるなら、ラッキーです。

末期C4
歯ぐきが腫れて、強い痛みが出てきます。むし歯を放置し続けたら最後はどうなるのかと言えば、歯の上部は全て崩壊して、根にもむし歯が回り、歯周炎になります。進行しきると、歯は既に異物として歯ぐきの中に存在しているような状態になります。

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております

サイト内検索