目次一覧へ
 上の前歯と同様に、見た目の面で非常に重要な位置にある歯になります。男性の場合に特に下の前歯はよく見えますので、この部分の歯が1本ないだけでも、顔の印象が何か抜けた感じになってしまいます。女性は下の歯よりも上の歯が見えやすい傾向にありますので上の歯ほど目立たないとはいえ、1本歯が抜けた際には下の歯であれ、どうしても見た目が変なイメージになってしまいます。
 ただし、上の前歯ほど歯並びに神経質にならなくても、自然になじんでいるように見えるような歯並びであれば、ほぼ問題なく入れ歯ともわからないようにすることは可能です。また入れ歯にした際に、下の入れ歯の場合には、上の入れ歯のようにはずれて落ちる心配もないのですが、上よりも下の入れ歯の方がかなり小さな入れ歯になりますので、取り扱いには注意する必要があるかと思います。

●中央の歯(1番目の歯)
 下の歯ではありますが、真ん中に位置しますので、うまく歯並びをしないと、おかしなイメージの歯になってしまいます。多くの患者さんは多少乱れた歯並びをされていますので、そのわずかな乱れにうまく合わせた位置に歯を並べると、非常に自然な歯に見えると思います。
 下の前歯は歯の中で一番細い歯になりますので、入れ歯としても一番小さいものになります。紛失しやすいとも言えますので、お取扱いは十分ご注意してください。小さい分、入れ歯の中でも最も違和感の少ないものと考えてもいいはずですが、舌がいつも当たっている位置にあるので、人にとっては非常に異物感を感じるという患者さんもいらっしゃいます。

●中央の横の歯(2番目の歯)
 この歯は真ん中の歯よりもわずかに大きいだけで、ほとんど真ん中の歯と変わりません。入れ歯を作った場合でも、ある意味で歯並びもしやすいですし、1つ横の位置に犬歯がありますので、比較的しっかりと入れ歯をとめることが可能になります。入れ歯としましては、真ん中の歯よりも安定した良い入れ歯ができるかと思います。
 問題を上げるとしますと、舌が感じる異物感がやや大きくなりますので、その問題が解決できれば、入れ歯で十分に生活していけるかと思います。

●犬歯(糸切り歯、3番目の歯)
 下の犬歯は前歯の中でも大きな歯になりますし、根が長い歯になりますので、単独で抜けているという症例はあまりございませんが、この歯は前歯と奥歯の移行部になる大切な歯なので、入れ歯になったらかみ合わせの調整をしっかりとしておく必要があるかと思います。特に歯をギシギシ横すべりさせた時の調整が重要になってきます。何度も調整をしてちょうどいい具合にギシギシできるくらいにしてもらってください。
 理想的には上の犬歯に隠れるような位置に並んでいるのが普通ですが、その他の歯とのバランスを考えて並べれば、1本なのでうまく並べられるかと思います。



◀前ページ l 次ページ▶
「 上の前歯の部分に、1本の入れ歯 」  「 上の奥歯の部分に、1本の入れ歯 」

具体的な入れ歯の説明


さまざまな入れ歯の悩み


知って得する入れ歯の悩み

歯科医院の選び方

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております

サイト内検索