アフターケア・メンテナンスへ-入れ歯ならプライベート歯科横濱(横浜)|20年以上の実績

045-663-3724

診療時間 : 月火木金土曜 9:30~18:30 / 日曜(隔週) 9:30~13:00
 休診日 : 水曜、日曜(隔週)

045-663-3724

診療時間 : 月火木金土曜 9:30~18:30 / 日曜(隔週) 9:30~13:00
 休診日 : 水曜、日曜(隔週)

アフターケア・メンテナンスへ

生涯、安定した状態でいてほしいから

入れ歯にも、歯垢(プラーク)が付着し、口臭や口内炎などの原因になります。入れ歯を長く快適に使っていただくために、おうちでは、最低でも1日に1回は入れ歯用の歯ブラシで洗浄してください。また、もっとおすすめな洗浄方法は超音波洗浄器を使う方法です。

部分入れ歯の場合、入れ歯を清潔に保つことは、残っている歯の虫歯や歯周病予防にもつながります。お口の中の快適さを維持していくため、当院でもメンテナンスを行います。個人差はありますが、3~6ヵ月、長くとも1年に1回は調整に来ていただけるようにお伝えしています。入れ歯のつけ心地や使い心地はその日の体調でも変化するくらい微妙なものです。長期間経過すると、患者さんの口の中の状態も変化が生じますし、入れ歯も使用し続けていることで劣化していきます。良質の素材を使用しているので、こまめに来院される必要はありませんが、良いコンディションで長期間使用していただくためには、調整することが大切です。可能であれば、3ヵ月に1回の調整がベストです。

また、部分入れ歯の場合、残っている歯が歯周病や虫歯にならないことも重要です。当院では、残っている歯のケアも大切にしていますから、入れ歯のチェックだけでなく、残っている歯のケアも兼ねて来院されるようにおすすめしています。

定期的にケアに来られる患者さんについては、例えば入れ歯を落として欠けさせてしまったり、ヒビが入ってしまったりした場合でもケアの範囲内ということで、無料で修理しています。

次ページ▶
Q.先生、ホントにホントに合うんでしょうか?

「入れ歯治療の新発想」

第1章 「逆転の発想」から考える入れ歯治療

万人に合う入れ歯、その人に合う入れ歯ではない

入れ歯治療は試してみないとわからない

入れ歯の治療はまずかみ合わせを決めることから

噛み合わせは、最初ざっくり決める

第2章 新発想の「試せる入れ歯」

試せる入れ歯ってなんですか?

入れ歯のスタートラインは人によって違う

試すことになぜ時間をかけるのか

先を見据えた入れ歯治療

安心・安全な入れ歯作りの6項目

第3章 日本人に合った理想の入れ歯とは

欧米の発想では必ずしもうまくいくとは限らない

日本人の傾向からカスタムアップしていく

日本人に合った金属床入れ歯「ディアレスト」

金属製入れ歯(ディアレスト)の構造と特徴

こんな入れ歯があるならインプラントにしなかった

噛みやすく、薄く、軽い 新開発の金属製入れ歯「ディアレスト」

金属製入れ歯「ディアレスト」、成功のガイドライン

第4章 入れ歯作りの真髄 私の入れ歯作りに対する取り組み

後悔しないための安心・安全治療の6つのお約束

治療の流れ

初診の診断・相談・治療計画・見積

「試せる入れ歯」の型どり

「試せる入れ歯」の噛み合わせ・歯並び

「試せる入れ歯」完成・調整

相談と歯の治療

金属床入れ歯の型どり・噛み合わせ・歯並び

金属床入れ歯(ディアレスト)完成・調整

アフターケア・メンテナンスへ

第5章 患者さんの本音に答えます

Q.先生、ホントにホントに合うんでしょうか?

Q.「試せる入れ歯」とは、仮の入れ歯ということでしょうか?

Q.針金が見えるのも歯並びも気に入らないのですが?

Q.金属床の入れ歯だと、金属の銀色が見えてしまうのでは?

Q.金属床入れ歯「ディアレスト」って何ですか?

Q.どうして金属でないとダメなの?

Q.最初から金属床の入れ歯はできないの?

Q.自由診療は、保険診療と違って、なぜこんなに費用が高いの?

Q.自由診療だと一体いくらかかるの?

Q.先生は、インプラントはやらないの?

Q.悪い歯を抜かないで入れ歯はできますか?

Q.試せる入れ歯の期間中に

Q.若いのに、前歯を失ってしまいました

Q.先日、奥歯を1本抜いたのですが

Q.歯周病だと、入れ歯になりやすいですか?

Q.入れ歯だけでなく、歯の治療もやってもらえるのですか

Q.今使っている上の入れ歯は調子がいい

Q.総入れ歯なのですが

Q.もし入れ歯にどうしても慣れなかったら

技工士からのメッセージ

最近の入れ歯は美しい!

顔立ちも変わる、美しい入れ歯

ヘアスタイルのように、歯並びを自分でイメージ!

入れ歯を長くきれいに使うコツ

素敵な入れ歯でアンチエイジング