目次一覧へ
  長年かんだり、力を入れてくいしばったりしてきたからでしょう、歯はだいたい奥歯から抜けることが多く、一番奥から1~2番目の歯の入れ歯を希望される患者さんはたくさんいらっしゃいます。
 その中で左右ともに奥歯が1~2本ずつ抜けている患者さんがいます。この方の場合には、片側だけの小さな部分入れ歯を2つ作るか、それとも左右がひとつながりになった入れ歯を作るか迷うところであります。

 2つ作れば、前歯の部分に入れ歯の土台がないので快適ですが、2つ洗わないといけないですし、抜けている歯の前後の歯に大きく負担がかかります。
 また、1つながりで1つの入れ歯を作りますと、入れ歯としては左右バランス良くなるので、食べ物をかむ時にしっかりと力を加えることが可能になり、残っている歯への負担も少ないのですが、入れ歯が大きくなるので異物感が増えます。

 どちらを選ぶかは患者さんの好みですが、通常はまず1つながりになった入れ歯を作った方がいいかと思います。それで暮らしてみて、不都合な点や我慢できないようであれば、2つに分かれたタイプの入れ歯に変更すればいいと思います。

 ポイントは、異物感の問題が一番大切な患者さんは、2つの入れ歯にするということ。
かみ合わせのバランスが大切な方は、1つながりの入れ歯にするということです。
 
 また別の視点から考えますと、奥歯で合計3~4本抜けている状態の方の場合、残っている歯が必ずしも健康であるとは限りません。
 もし何らかの治療が近い将来あるかもしれなかったら、その時には2つに分かれた入れ歯は確実に作り直しになってしまいます。
 1つながりの入れ歯であれば、治療した歯の部分に合わせて修正したり、あるいは歯を抜くようなことになっても、歯を追加することも可能です。
 長期に渡って他の歯に問題がない人は、より快適な小さな部分入れ歯2つでいいと思いますが、将来的なことが少しでも不安な人は、1つながりの入れ歯を使っていくのがいいんじゃないかと思います。


◀前ページ l 次ページ▶「片側だけの入れ歯ができるか」 「奥歯は何本抜けたら入れ歯を入れるべきか」

具体的な入れ歯の説明


さまざまな入れ歯の悩み


知って得する入れ歯の悩み

歯科医院の選び方

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております

サイト内検索