目次一覧へ
 はじめからインプラントやブリッジを希望する患者さんの中には、自分が入れ歯になることが嫌だと思っている人も多いと思います。

 その意思が固くどうしようもないものであれば、仕方がないのですが、入れ歯専門の技工士としては、インプラントやブリッジに着手する前に一度は入れ歯も試してみようと思っていただきたいと思います。

 なぜかといいますと、確実にインプラントやブリッジがうまくいくとは限らないからです。もしうまくいかなかった場合には、その後の手段は以前よりも悪い状態での入れ歯にするしかなくなります。
 それならば最初に試しに入れ歯をやってみるほうが得策です。歯をひとつも触らないで型だけとって入れ歯を入れられます。嫌ならはずせばいいだけですし、何とかいけそうならばしばらく続けて使ってみたらいいのです。それでやっぱり入れ歯よりもインプラントやブリッジにしたければ方向転換すればいいのです。

 はじめに入れ歯が使えるかどうか確認してから、リスクはあるけどやってみたいインプラントやブリッジにされるのが、賢い方法だと思います。
 また、入れ歯は見た目に恥ずかしいから、と思っている患者さんもいるかと思いますが、今では多くのメーカーから良い人工の歯が出ていますので、入れ歯だとは思われないですし、逆に元の自分の歯よりも良いと言う患者さんも多いです。
 針金のバネのようなものも無しで入れ歯が作れますので、先入観で入れ歯はダメだと思わずに、一度入れ歯専門の歯医者を訪ねてみてください。サンプルなども見せてもらえば、納得できるかと思います。



◀前ページ l 次ページ▶「入れ歯からイヤな臭いがする人」 「入れ歯専門の技工士がいる歯医者さんのメリット」

具体的な入れ歯の説明


さまざまな入れ歯の悩み


知って得する入れ歯の悩み

歯科医院の選び方

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております

サイト内検索