目次一覧へ
 30代で入れ歯の人は、やはり20代よりも結構います。お仕事や子育てに忙しいあまり、歯磨きを十分にできないような日々を過ごされて、少しずつ歯が悪くなっていく方が多いようです。子供の頃から歯が弱かったとも言われますが、今まで立派に数十年間も使ってきているわけですから、そう簡単には歯が悪くなるというものではなく、やはり清掃状態が良くないというのが主な原因だと考えられています。
 女性の中には出産により骨粗鬆症になる方もいますが、それが原因で30代にボロボロと歯が抜けるようなことは少ないように思います。

 30代では、大きな入れ歯の症例の人は少ないですが、小さいとはいえ、数本の入れ歯になる方は多くいらっしゃいます。
 数本になるとブリッジにするのはリスクもあるので、どうしようか悩まれる方が多いです。技工士からみても、3本のブリッジは適正に作れば健全な状態で長く維持できるかと思いますが、4本、5本以上になると、清掃状態とともに力学的にも負担が大きくなりますので、おすすめとは言いかねます。

 前歯だけの6本のブリッジでしたら、強くかませない方法で作れば、大きな問題もないでしょうが、奥歯が数本並んでブリッジになるというのは、それなりにリスクもあると考えていいかと思います。奥歯なので誰でも強くしっかりかみたいですから入れ歯は嫌だという考えもあるかと思いますが、本数の多いブリッジはそれなりにリスクも高くなってきます。

 入れ歯かブリッジか、これは患者さん自身で最終的に決定していただくしかないということになりますが、最初はまず入れ歯を試してみるというのが一番いいかと思います。ブリッジは歯を削ってしまうので元に戻りません。入れ歯を入れた後でもブリッジに変更することができますので、一番最初は入れ歯にしたほうがいいということになります。

 30代から入れ歯を入れられていて、年老いても入れ歯で快適に過ごされている方はたくさんいらっしゃいます。むしろ若い頃から入れ歯を入れられている患者さんの方がご年配になられても快適に使われているように思われます。

 その理由の一つとしましては、若いので、歯が抜けた後のハグキもしっかりしていて、そのしっかりしたハグキをほぼ維持したまま入れ歯を使用されているので、非常に良い状態の入れ歯になっているという点です。

 40代頃からほとんどの人が歯周病にかかり、ハグキを失っていく中で、歯周病にかからずにしっかりしたハグキの形を維持している30代の患者さんは、入れ歯を入れても入れ歯の安定が非常にいいのです。

 歯周病は歯があるから、かかってしまう病気で、逆に言いますと、歯がなければ、歯周病にはかからない病気ですから、歯周病にかかっていないハグキの状態は非常に入れ歯にとって良い状況だと言えます。

 ブリッジにしてから清掃状態が良くなくて、40代からそのブリッジが歯周病にかかり、ブリッジ全体を抜かなくてはならなくなった時には、かなり歯ぐきも不安定になっていますので、入れ歯にされても苦労されている場合も結構多いと思います。

 入れ歯専門の技工士としましては、適正な入れ歯を作って、一度入れ歯を使われてから、入れ歯で行くか、ブリッジに変えるかを検討されたらいいかと思います。



◀前ページ l 次ページ▶「20代で入れ歯」 「40代で入れ歯」

具体的な入れ歯の説明


さまざまな入れ歯の悩み


知って得する入れ歯の悩み

歯科医院の選び方

カウンセリングをおこなっております

カウンセリングをおこなっております

サイト内検索